有機物資源の有効活用・資源リサイクル装置

導入効果は経費の節約=環境を守る・温室効果ガスの削減

※製造・発売元:株式会社日省エンジニアリング 

有機物磁気熱分解エネルギー変換装置 発電仕様フロー

製品の特徴

有機物燃料で蒸気を発生させ、発電及び温水や暖房に利用できます。

1. 磁気と装置内の熱源のみで有機物を分解・減容し、発生する可燃ガスで蒸気を作ります。

2.24時間365日稼働!定期的に投入するだけで化石燃料問題を大幅に軽減します。

3,二酸化炭素やダイオキシン類の排出を抑え環境基準をクリア。

4. 投入分解する有害物質を含まない有機物は減容され無害なMGパウダーを有効利用できます。

5. 嬉しい耐久性能。温度変化が少なく低温分解しますので、高い耐久性能を誇ります。

6,分解は装置内の温度により自動制御。更に、投入扉の開閉もスイッチを押すだけ。

対象有機物エネルギー源は有機物全般です。

○事業系有機物/ダンボール・紙類・乾燥家畜糞・乾燥食品残渣・建築廃材等 ○木材系有機物/間伐材・被災木材・乾燥剪定材・枯木・おがくず等 ○農業系有機物/もみ殻・稲・麦わら・農業用ポリエチレン類等

〇化学系有機物/ペットボトル・ビニールプラスチック類・化学繊維・紙オムツ等*塩ビ系は除く

※上記等の有機物の含水率が30%を超える場合は、乾燥するか、他の乾燥有機物と混合して投入。 (有機物の中でも炭素(C)含有率が高いもみ殻・木質材が有効)